地域包括支援センターでは、以下のような業務を行っています

総合相談・支援

介護サービスを利用したいが、どんなサービスがあるのか、また手続きの方法がわからないなど、お困りのことはありませんか。

当センターでは高齢者やその家族・地域住民等からの相談を受け、どのように支援が必要かを把握し、保健・医療・福祉の各種サービスが受けられるよう必要な援助を行います。また、地域におけるネットワークを構築し、地域全体で高齢者を支援していきます。

介護予防ケアマネジメント

健康な人でも、心身の機能を積極的に使わないと、筋力や心肺機能の低下、睡眠障害や認知症などの症状がでて介護が必要な状態になるおそれがあります。そうならないために、自分自身で介護が必要な状態にあるのを防ぐことが大切です。

当センターでは要支援状態の予防や重度化防止のためにおこなわれる介護予防サービスの適切な実施のために介護予防プランの策定・サービスの実施後の効果の評価・ケアプランの見直しを行います。
※「要支援1」「要支援2」と判定された方のケアプラン作成は居住する生活圏の担当する地域包括支援センターが作成します。

包括的・継続的ケアマネジメント

いま利用している介護サービスに関する困りごとはありませんか。

当センターでは高齢者の心身の状態やその変化に対応して適切なサービスが提供されるように地域の介護支援専門員への指導・助言ネットワーク作り、医療機関を含めた関係機関との連携・調整を行います。

権利擁護

お金の管理や契約などに不安はありませんか。虐待を受けていませんか。

当センターでは高齢者虐待への対応、悪質訪問販売や住宅リフォーム等による消費者被害の防止、認知症や精神疾患等により判断能力の低下が見られる場合に、適切な介護サービスの利用や金銭的管理や重要な各種契約が行えるよう成年後見制度の申し立ての手続きなどお手伝いします。

ページトップへ